お客様対応の場面でのCSプラスです。

お客様の「プライド」はいろいろな場面で見ること、感じることが大事です。そして、「これだ!」とつかんだら、その部分を大切にしていることが相手に伝わるように言葉を添えましょう。たとえば、「長くお使いいただいているので、私よりも詳しくていらっしゃいますね。私も勉強いたします。(笑)いつもご愛顧、ありがとうございます」というように楽しい会話にしてみましょう。CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。