お客様対応の場面でのCSプラスです。

「その説明だとわかりづらいですよ」と注意しても、長年その応対で乗り切ってきたという頑固さがあると、改善をしてくれないものです。その頑固さが、お客様の理解効率を低くし、何度も説明を繰り返す効率の悪い応対であることに気づいてもらう必要があります。やや年配の応対者にはこの傾向がよく見られます。「間違っている」のではなく、「お客様が疲れてしまう説明です」と教えてあげましょう。お客様の仕草や表情を取り上げて、その様子を具体的に示すと心に響くことでしょう。CSプラスです!


CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。