お客様対応の場面でのCSプラスです。

ついつい「こんなことは説明できない」と心の中で思っていると、そのままお客様にそのニュアンスが伝わってしまうことがあります。別に悪いことをしろと言われているのではなくても、自分の考え方(本音)と会社の方針が異なっているとついつい本音が応対に出てしまう・・・。注意が必要なことです。お客様は応対者を信頼したいのですから。これもCSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。