お客様対応の場面でのCSプラスです。

「お客様は、この本を持っておられるのですか?」の「おられる」は敬語としては、誤用なので、NHKなどでは使いません。ですが、地域によっては「おる」を使っているようではあります。とはいえ、一般的には、「この本をお持ちですか?」「この本をお持ちでいらっしゃいますか?」です。耳に心地よく響く音を選びましょう。

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。