お客様対応の場面でのCSプラスです。

「〇〇様、ご提案ではございますが」という切り出しトークを使う応対者は多いものです。ですが、そもそも話の内容が「ご提案」というほどでもない場合には、お客様にはピンとこないものです。「もしよろしければ、~という方法をご案内いたしますが」でも十分な場合もあります。一つの言葉にこだわらずに、TPOをわきまえることができるといいですね。これもCSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。