お客様対応の場面でのCSプラスです。

「~といったところではあるのですが」という言い方をする人がいます。これは積極的な応対姿勢を伝える言葉ではありません。「~をしてはいるが、どうしたものか」というように聞こえます。言葉遣いは心遣いです。正しい言葉遣いを身につけましょう。
CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。