お客様対応の場面でのCSプラスです。

「どうしてもできないの!誰にもしていないの?!」と特別な対応を求めるお客様もおいでになります。この場面では、企業の回答が「できない、しない」のであれば、それを毅然と伝えます。そのためには、「理由・根拠」がお客様の利益につながることが大事です。もちろん、ご理解をいただきたいというスタンスは崩しません。「手作り商品ですので、不備がないかを確認しながら、出来上がり次第、熱々の状態のお菓子をお渡ししております。そのためにご来店をお願いしております」というように、理由を添えることで納得度を高めます。これもCSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。