お客様対応の場面でのCSプラスです。

話し方に落ち着きがあり、腑に落とすようにゆっくりと理由を述べている話し方はお好きですか?説明上手に聞こえる?かもしれませんね。ですが、相手の立場になる、「説得」されている気がするものです。逃げ道の無い話し方をしてしまうと、相手は自分が馬鹿にされているようにも感じます。何事もバランスです。呼びかけや質問など、同意や共感を相手が発する場面をつくりながら、腑に落とすことが大事です。少しレベル高めのCSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。