お客様対応の場面でのCSプラスです。

「わかりました」を「承知しました」に変えることがなかなかできない、という方がいます。そういう応対者には、無理強いをせずに、「承知しました」をどうしても使って欲しい会話部分を指定しましょう。これで、ビジネス感と人間感情が上手くバランスが取れます。これもCSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。