お客様対応の場面でのCSプラスです。

どんなに問題解決を急ぐ時にでも、まずは「お気持ちは十分に伝わっておます」「お気持ちをお察しいたします」などの心情の問題へのアプローチが最初に必要です。ほんの少し焦る気持ちを抑えて、ゆっくりと言葉にしましょう。CSプラスです。

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。