お客様対応の場面でのCSプラスです。

「では、お届けした箱の口が既に開いていたということでいらっしゃいますね」というような相手の申告を「不実であるかを確認する」会話は、荷が重いものです。そういうときには、「開いていたということですね。ご心配なお気持ちがよくわかります」というように、復唱+共感で会話を進めましょう。相手の言葉によどみやこちらの言葉に合わせたがるような方の場合には、一度、見極め時間をとりましょう。CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。