お客様対応の場面でのCSプラスです。

 「失礼いたしました」というのは、軽微な「ご迷惑をおかけした」場合に使います。ですが、「謝罪」ではありません。あくまでもお客様の心情の問題を浄化するための言葉です。現実の問題に関する事案では、やはり「申し訳ございません」が適当です。ただし、責任の所在が明らかになるまでは、「ご迷惑をおかけして」「ご心配をおかけして」というように心情部分を対象としたお詫びの言葉にしましょう。CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。