お客様対応の場面でのCSプラスです。

 「ゆっくり」の基準は誰が決めるのでしょうか?それはお客様です。それぞれのお客様が理解しやすい「ゆっくり」があります。全体、部分の「ゆっくり」、話す速さの「ゆっくり」など、「ゆっくり」の使い方の様々です。お客様を「個」として考えることが必要です。CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。