お客様対応の場面でのCSプラスです。

復唱はオウム返しをしているだけでよいと思っていると、赤っ恥をかくこともあります。「そちらに行きますね」とお客様に言われて、「こちらに来るということですね」と復唱したのでは赤っ恥です、「こちらにお越しいただけるのですね。」と敬語遣いをしなくては。「機転」です。CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。