お客様対応の場面でのCSプラスです。

 「間延び感」というのは、同じリズムで同じ表情で、音の真ん中が延びるときに発生します。「で~す」も同じです。こういうリズムだと、相手にとっては、「ちゃんと聞いてくれているの?」と不安に感じます。CSプラスです。
 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。