お客様対応の場面でのCSプラスです。

ジェスチャーはもちろん目が基本です。次に、お客様が着目しやすい指や手の動きに工夫をしましょう。次に首を動かしながら、「はい」「なるほど」という受容を表すことが大事です。

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。