お客様対応の場面でのCSプラスです。

「できる限り、ご要望にお応えしたいと考えておりますが」という言い方は、顧客接点でできる最大の譲歩です。ですが、現実的にはお役に立てないことが多いのも事実。だからこそ、企業として気持ちを相手に伝えておくことに意義があります。CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。