お客様対応の場面でのCSプラスです。

 お客様から用件を聞いたならば、「はい、かしこまりました」とまずは返事をするのが基本。そのうえで、ご要望に応えられない場合には、「ご要望は承知いたしました。大変申し上げづらいのですが、」と結論を続けます。大事なのは、「はい」とお客様の要望をまずは受けとめる返事の表情です。愛情をもって、お客様の要望をお聞かせいただきましょう。CSプラスです!
 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。