お客様対応の場面でのCSプラスです。

お客様の質問に対して、「~なので、~ということです」とあっさりと答えを出してしまうと、「はい」としか相手は返事ができません。一瞬、間の悪い空気が流れます。「せっかく楽しみにしていただいたのですが、~なので、~ということです」というように相手が「そうなの、なるほどね」という言葉を言えるような「間の空気感」をつくりましょう。一言の柔らかさが、その間をつくります。CSプラスです!
 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。