お客様対応の場面でのCSプラスです。

「~ですが、大丈夫ですかね」というような話し方は「まさにカジュアル」です。カジュアルというのは、お客様の意向や要望を尊重しているかどうか、という違いです。尊重していれば、「~については、ご理解をいただけましたでしょうか?」というように、相手の状況を尊重する言葉を使えるはずです。CSプラスです!    
 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。