お客様対応の場面でのCSプラスです。

礼節というのは、礼儀と節度のことです。お客様の年齢や商品サービスへの理解度などを、応対者が推し量ることで、節度のある応対をするという意味です。自分は商品のことを良く知っていると思っていても、ずっと購入してくださっているお客様にはかなわないかもしれないのです。このわきまえが節度です。これもまたCSプラスです!
 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。