お客様対応の場面でのCSプラスです。

対面接客の現場では、仕切りボードやビニール仕切りなどが置かれています。マスクに、手袋、消毒液。ストレスがたまりますね。だからこそ、目の動き、言葉の出し方には注意が必要です。担当者のストレスがそのままストレートに伝わらないように注意しましょう。

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。