お客様対応の場面でのCSプラスです。

話している途中に、何度も「ええ」「ええ」とノイズを入れてしまうと、聞きづらい、何が言いたいのかがよくわからない、と言われてしまいます。「ええ」の代わりに、「さて」「では」というような接続語を入れるか、「ええ」を音にせずに飲み込むしかありません。不要な音は聞き手の信頼を損ないます。CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。