お客様対応の場面でのCSプラスです。

たとえば「私どもとしては、どちらでも結構です」という言い方は、一見、お客様に選択権があるように聞こえます。ですが、「私が知りたいのは、どちらを選ぶことがよいのか、という理由だ」とお客様は思います。つまり、「必要な回答をしてくれない、自分は大事にされていない」と思うものです。CSプラスです!
 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。