お客様対応の場面でのCSプラスです。

「よろしければ」と言われたら、誰でも期待します。ですから、この言葉の後には、メリット感がある「よかた!助かった!うれしい!」と思っていただける「中身」が必要です。くれぐれも、自分の独りよがりで「これなら」と思い込まないことが大事です。CSプラス!
 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。