お客様対応の場面でのCSプラスです。

何度も同じことを説明している自分に気づいてハッとすることはありませんか?余裕の無い人が「ついつい」してしまう癖のようなものです。苦手だ、難しい、と思うような説明の場面こそ、結論、順番を決めることを最初にしましょう。CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。