お客様対応の場面でのCSプラスです。

お客様画面を見ながら、「そういたしますと、ええ東京都(画面操作をしながら)世田谷区(もたもた)」というような復唱は「間」が悪く、聞き手(お客様)は不愉快なものです。画面を検索するのか、話をするのかを分けるのが「会話の間」をよくします。CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。