お客様対応の場面でのCSプラスです。

不安そうな顔の表情は筋肉をこわばらせてしまい、口元の動き、開口が遅くなります。その結果、間のずれた話し方に。自分は何が不安なのかを明らかにして、自信をもった対応をしましょう。CSプラス!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。