お客様対応の場面でのCSプラスです。

「さようですね。・・・ええと、確認いたしますので、少々お待ち願います」と言ってはみたが、誰も相談する先輩などがいない時には、「~については、詳しい者からご説明させていただきます。」という言い方でお時間をいただき、後からご連絡させてもらうのも良い方法です。焦らずに対応することが信頼を損なうことなく、バトンタッチが進みます。CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。