お客様対応の場面でのCSプラスです。

「ちょっと、いいですか?」というお客様の切り出しの言葉には、ご事情が隠されています。「すぐに答えを知りたい」「ちょっと、文句がある」などの背景があるのです。ですから、受けとめる側の応対者も、どのような背景にも耐えうる姿勢を見せることが大事です。「はい(不愛想)」「えっ?どういうことでしょう」というような言い方は避けておきましょう。CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。