お客様対応の場面でのCSプラスです。

「忘れた!」と説明漏れに気づいたときには、「申し訳ございません。先ほどの説明で、~についての部分が抜けておりました」とお詫びを添えて、補足説明をしましょう。「まぁ、いいや」と逃げてしまうと、後からクレームの火種になることもあります。注意しましょう。CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。