お客様対応の場面でのCSプラスです。

「ゆっくり」は双方の理解を確認しながら話す方法の一つです。「まったり」は話し手の好みや感情状態によって醸し出されている「音」のニュアンスです。後者は自分ファーストです。「ゆっくり」も「大事なところですので、ゆっくりとお話をさせていただきます」と提示してから、使うようにします。「目的のない、ゆっくり」も自分ファーストになりかねません。ご注意を!CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。