お客様対応の場面でのCSプラスです。

 せっかちな相槌はお客様を急かすばかりです。「はい」を丁寧に、落ち着いた「相槌」にしましょう。同じ表情の「はい」を続けると事務的に聞こえいますから、話しに合わせた表情を添えましょう。CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。
満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。