お客様対応の場面でのCSプラスです。

クレーム対応のゴールはお客様との関係性の継続です。ですから、謝罪が上手いだけではなく、解決策さらには原因を明らかにすることが大切です。特に原因を示すことができないと、「また、起きるにちがいない」と思われます。CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。
満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。