お客様対応の場面でのCSプラスです。

話が弾んでついつい長話・・・。区切りをつけるのは応対者の役目です。「余計な話」は、購買や継続への意思を知らないうちに阻害していることもあります。「何が」「どこからが」余計な話なのかを区切れることが必要です。 CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。
としてご紹介していきます。