お客様対応の場面でのCSプラスです。

「ついつい深追いしてしまった」と感じることもありますよね。そういう時には、正直に「失礼いたしました。私の思いばかりが先行してしまいました」というように、悪気ではなく熱意である、と伝わるような言葉を添えましょう。

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。
満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。