お客様対応の場面でのCSプラスです。

「(ホームページ)わかりづらいご案内で申し訳ございません」とお詫びすることはできますが、なぜ、そのわかりづらさを放置しているのか、そのわかりづらさをどうしても変えられない理由を説明することが大切です。CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。
満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。