お客様対応の場面でのCSプラスです。

「では、製品のお届け方法についてご説明いたします」「次に炭酸ガスの開閉についてのご注意点をご説明いたします」というように、小見出しを提示しておくと、お客様の傾聴姿勢を促すことができます。「ええと、お届け方法なのですが」というような切り出しは唐突で粗雑に感じます。CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。
満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。