お客様対応の場面でのCSプラスです。

「お間違いはないでしょうか」「よろしいでしょうか」などの言葉を何度も続けると単調な会話リズムになるので、お客様の傾聴姿勢が希薄になります。言葉を使い分けながら、お客様の集中力をひきつけておきましょう。CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。
満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます