お客様対応の場面でのCSプラスです。

「~ですけれどぉ」の「どぉ」に力が入ると、甘えた口調に聞こえたり、稚拙な話し方に聞こえたりします。話し方の癖になっている人は、「~でございます。ですが」というように話し方を区切るようにしてみましょう。CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。
満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。