お客様対応の場面でのCSプラスです。

「話したい」から連絡をくださります。まずは、お聞かせいただくことが一番です。ですが、「なんなりと」「どのようなご用件」というような言葉では、かえって話しづらくなるものです。「はい、承ります」と丁寧にソフトに言葉を添えましょう。CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。
満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。