お客様対応の場面でのCSプラスです。

「治療を徹底していないと、老後に影響が出ますのでご注意が必要です」と言ったとしましょう。お客様が20代であったら、「老後」という言葉はピンときません。「年齢と共に」という言葉であれば理解ができるでしょう。30代であれば、「加齢とともに」と言えば通じます。言葉は相手の生活・人生観を理解して使いましょう。CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。
満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。