お客様対応の場面でのCSプラスです。

「大変でしたね」「さようですか」ばかりでは、「受けとめてくれている」とお客様は感じてくださいません。「なかなか老後のことを考える時間もないほどお忙しいですよね」というように、話の中身や日ごろの付き合いから得た情報を交えて「受容」の言葉を言い添えてみましょう。CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。
満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。