お客様対応の場面でのCSプラスです。

お客様の話が「なるほど」「よくあることだ」というように共感感情が沸いてくると、ついつい「あぁ~あ」というノイズのような相槌音を発してしまうことがあります。お客様からすると先読みをしているようにも感じるので、注意が必要です。CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。
満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。