お客様対応の場面でのCSプラスです。

電話の名乗り、店頭でのお迎えは「丁寧」であることよりも、お客様への愛情を示しましょう。伝わるような「愛情」が大切です。愛情は、音や表情で伝えます。年度末に向かい、「忙しさ」が優先になっていないかを考えてみましょう。CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。
満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。