お客様対応の場面でのCSプラスです。

「私どもでお役に立つことはおありになりませんでしょうか?」と声をかけることは、お客様の「困った」にアプローチをするためには大事な言葉です。教えていただいたからといって、「できないこと」は多いものです。それでも、企業としての応対姿勢を伝えることは大事です。CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。
満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。