お客様対応の場面でのCSプラスです。

この言葉で応対するときには、「ご不快だろうが、~のために」という「ために」があると、理解を促すことができます。「何のために」という部分が、少しだけでもお客様のメリットになることが大事です。CSプラスです!


 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。
満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。