お客様対応の場面でのCSプラスです。

「よろしくお願いします」と言ったら、お客様からも「こちらこそお願いします」と帰って来たとします。その時に「はい、それでは」というようにいってしまうと、「はい」が上から目線に聞こえてしまいます。「はい」を自分の会話リズムを作るために使っていることはリスキーです。この「はい」は自己納得の「はい」と呼んでいます。「わかってくれましたね。では、先に進めます」という意味の「はい」という癖は改善しましょう。CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。
満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。