お客様対応の場面でのCSプラスです。

話中に「あれ?自社非がありそう?!」と感じたら、つまり過去情報と引き合わせても確信はないが可能性を否定できないような状況に遭遇したとしましょう。その場合には、「詳しい担当に確認し」というように否定も肯定もせずに、逃げない姿勢を示しましょう。CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。
満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。