お客様対応の場面でのCSプラスです。

お客様への説明で、「えっ?そうなの」「あぁ・・・」というような「はじめて知った」「それならば理解できる」というような反応をいただくことが大事です。それが無い時は、「何を言っているのか、理解できない」と思われていると覚悟しましょう。もう一度、別の切り口から説明の機会をいただくしかありません。お客様の反応は大事に受け取め、そのラインで会話を進めましょう。CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。
満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。